車買取に出す前に故障車を修理

車買取査定に出す故障車を修理する人しない人の差は…

買取査定前の故障車の修理はどうしたら良いのでしょうか?

車買取業者に車を売る方が多くなったと聞きます。今までは、車を買い替える時には乗っていた車を下取りに出すというのが定番でした。それが、車買取の買取額の方が下取りよりも高いという評判が広まり、今まで車買取業者には興味を示さなかった方たちも見方を変えて来ているようです。
さて、そんな中で車買取に故障車を出す場合に修理をしてからの方が高く売れるのじゃないかという声も聞こえてきます。本当に修理をした方が得なのでしょうか・・・。


故障車 買取り

買取査定の前に故障車を修理に出すか出さないか…どっち?

車の買取査定の前に故障車を修理するかしないかという問題はよく議論されます。結論としては、車買取査定前に故障車を修理してはいけません。理由としては、故障車を修理してもその修理代に見合うほど買取額がアップしないからです。

それでもやっぱり修理した方が車買取査定額は高くなるだろう・・・という気持ちは消えないと思います。なので、現状として多くの方が故障箇所を修理してから車買取査定に依頼してくるようです。そして、思ったほど車の買取額がアップしないことに愕然としてしまうのです。

車買取査定の前に故障車を修理すれば、確かに車買取額は高くなるでしょう。しかし、上記で述べた通りその修理にかかった金額程は買取額がアップしないのが現状です。どうしてなのでしょうか?


【車買取業者は自動車整備工場を持っている】

多くの車買取業者は自社または提携している自動車整備工場を持っています。自前の整備工場があるということは、一般の私たちよりは車の修理が安く出来るということになります。

「車買取業者が自動車整備工場を持っている」ということで、車買取査定前に故障車を修理してはいけないということがはっきりしましたね。というのも、自社の自動車整備工場があるということは、例えば私たち一般人が5万円かかる車の修理をすると、車買取業者は3万円ほどでその修理が出来てしまうということです。ですから、私たちが修理に5万円かけたから買取額が5万円高くならないかな…と思っても実際の車買取額は3万円しかアップしないということになります。

どんな事情があろうとも、車買取業者に売るつもりの故障車を修理してはいけません。

このルールは、故障車の買取査定に限りません。例えば、車検切れの車の買取査定でも守るべきルールです。車検が切れた車を車検に通してから買取査定に出してはいけません。その車買取額は、かかった車検費用を補うほど高くはならないのです。鉄板のルールですね。