故障車を下取りに出す

故障車を下取りに出す

故障車を下取りに出すのはどう?

よく自動車ディーラーの下取りの条件はあまり良くないと耳にします。問題のある車の下取りは特に評価が低くなるというのは本当のことなのでしょうか?今回のように、故障した車を自動車ディーラーの下取りに出すのはどうなのでしょう。車を買い替える時にはディーラーの下取り一辺倒の人もとても多いという中、まとめてみました。


故障車 買取り

故障車を下取りに出すのはやっぱり不利か…

故障した車をディーラーの下取りに出すことは下取り価格的にどう影響するのでしょうか?車のディーラーの下取り価格には不明瞭な部分が多いとよく聞きます。例えば、次に購入する新車の値引き分まで下取り価格として上乗せしているとか、客は相場が分からないのでディーラーの言いなりになりやすいとか、下取り価格を比べ難いなどが挙げられます。また、ディーラーへ下取りが決まると、下取り査定料や下取り車手続代行費用というような費用まで請求されます。基本的に車のディーラーは新車が売れればいいという姿勢なので下取りする車には関心がないようです。その代わりに新車を購入してくれる客が、前の車から新車への乗り換えがスムーズに行くように特別に配慮をします。この配慮が助かるからと、ディーラーの下取り一辺倒の方が多いのも事実です。

さて、車の買取りと下取りを比べたらどうかと言えば、かなりの違いがはっきりと出ます。
まず、上記で不明瞭とされるディーラーの下取り価格と新車の値引き分の区別が付かないという問題は新車を売らない車の買取りでは生じません。なので、純粋な買取り価格が提示されるのではっきりしています。
肝心な金額的な面も明らかに車買取の方に軍配が上がります。ディーラーの下取り価格よりも車の買取り額が10万円以上も高かったというケースが何例もあるようです。
ただし、ディーラーの下取り価格と新車の値引き分の境がはっきりしないという問題があります。それについては以下のようにすると賢い対処が出来ます。

【賢く車をディーラーの下取りに出す方法】
データがない状態で車をディーラーの下取りに出すと、査定された車の下取り価格が高いのか安いのか分かりません。そこで、ディーラーへ下取りの査定をしてもらう前に車買取査定サービスに申込みます。
すると、数社から車買取査定の見積り額が送られてきます。それがあなたの車の大よその買取額になりますから、ディーラーの下取り価格も同じくらいになるのが当然です。あなたはご自分の車の現在の相場を知った上でディーラーの下取り査定に出すのですから、その下取り価格が高いか安いかの判断がすぐに付くという訳です。ディーラーの下取り価格が安ければ、車買取業者の買取額を提示して交渉をします。ディーラーとの交渉が上手くいって納得すれば車を下取りに出します。もし、ディーラーとの交渉が失敗したら車を車買取業者に売って、値引き額も分かった新車をディーラーから購入すればいいのです。

結論として、あえて金額的な条件の悪い自動車ディーラーの下取りに故障車を出すのは薦められませんが、上記にも述べたように、乗っていた車から次に乗る新車へスムーズな乗り換えが出来ることを優先する方も多くいらっしゃることから、金額面と手間とどちらに価値を見出すかということになります。